「東京戯画xメガネ」オリジナル



「コラボ セレクション」


「紅の豚 ポルコロッソ サングラス」


「攻殻機動隊SAC コラボサングラス」


「ワンピース コラボPCメガネ」


「鯖江品質」メガネについて

明治38年(1905年)、福井県足羽郡麻生津村字生野にて増永五左衛門と弟の幸八が「なんとかふるさと生野の暮らしをよくできないものか」との想いから、雪深い村の冬にも収入を得ることができる手段としてめがねづくりに目をつけ「福井のめがね」作りがはじまりました。その後、活字文化の普及と共にめがねの需要も増え、現在の福井市から鯖江市をまたがる地域に広がり、「福井・鯖江」がめがねの一大産地となりました。昭和56年(1981年)、産地では、堅くて軽く金属アレルギーを起こさないが加工が非常に難しく他国では成しえなかった「チタン」素材を利用しためがねフレームの開発に世界で初めて成功します。現在、福井県は日本製めがねフレームの約95%を生産し、世界最高品質のめがねを全国・世界へ届け続けています。 

 

⇒詳しくは「SABAE TECHNOLOGY」へ


© 1986 Studio Ghibli / © Studio Ghibli / ©tokyogiga